岡山市北区大安寺での少人数制個別指導。動機付けをしっかり行うために、「深い学び」「主体的な学び」「対話的な学び」を実践できる少人数制にこだわっています。

大安寺れいめい塾ブログ

大安寺れいめい塾ブログ - 岡山市北区大安寺での受験進学塾 少人数制個別指導
岡山市北区大安寺での受験進学塾 少人数制個別指導。動機付けをしっかり行うために「深い学び」「主体的な学び」「対話的な学び」を実践できる少人数制にこだわっています。

大安寺れいめい塾ブログ

集中力を鍛える国語

 古文・漢文・現代文 記述対策 小論文はお任せください。岡山大学・国公立大学、岡山大安寺中等教育学校・岡大附属中学、第一志望校合格を奪取する少人数制個別指導の大安寺れいめい塾です。


 

 

 「立ち歩かない!喋らない!他人の迷惑になることをしない!」。私が授業中に彼らに発した最も多い言葉のような気がします。学年は新四年生。しかし、今はこのように…。

 

 

 

 

 

 

 

 なにより彼らが取り組んでいる科目が、国語ということに、かくいう私自身も驚きを隠せません。というのも、低学年・中学年において、勉強が苦手なお子さんほど国語嫌いです。そして、算数好きなように見えます。しかし、この算数「好き」というのが実はくせもので、算数好き=算数ができる=お利口さん、と保護者の方がついこの罠にはまりがちです。この「好き」の正体は、そのお子さんの持ちあわすセンスめいたものでは決してありません。まずもってこの時期の算数は、正確に<計算そのもの>が出来るようになることを目的にしています。つまり子供たちにとって算数は考える時間が少なくて済む、ようは面倒くさくない科目なんです。もちろん、算数特有のクイズのようなスピード感とひらめき、なにより達成感が子供たちを虜にします。とはいえ、この時期の子供たちは往々にして直ぐに結果の出る<作業>をしているに過ぎません。子供たちが秘めている数学の力はそもそも今現れているようなそんな薄っぺらなものではありません。子供たちの算数の能力を引き出すにも、また、開花させるにも、まずは複雑な思考ができる考え抜く<体力>なしには発現しません。因果律を導く論理力や類推する判断力等、こうした力は決して作業からは生まれてはきません。

 

 

 そこで持続した集中力を鍛えるためにも国語は最適です。国語は文章を読み切る集中力がなければ、まずもって問に答えることができません。文字をしっかりと読み、言葉の意味と言葉の意味を紡いでイメージを結び、そしてこのイメージを次なるイメージへと結び付けていく。この動作の中で持続した集中力が培われていきます。この持続力と思考のマトリックスこそが、このさき抽象言語=数字だからこそできる複雑な思考の基盤となっていきます。

 

 

 さて、どうして集中が持続せずまた落ち着きもなく、そして文字を読むのさえ面倒くさがった子供たちが集中して文章を読んでいるのでしょう。答えはシンプルです。当初子供たちが算数に抱いていた気持ちを今は国語にも抱いているからです。面倒くさくなくスピード感とひらめきがあり、何より達成感がある。何だか可笑しいでしょ。この魔法については、企業秘密ということで、是非、ご体験に来て頂ければと思います。

 

 

大安寺れいめい塾のホームページ
http://daianji-reimei.strikingly.com/

    ⇒チラシのダウンロード(表)
    ⇒チラシのダウンロード(裏)

 

 


岡山大学への国語 始動!!

古文・漢文・現代文 記述対策 小論文はお任せください。岡山大学・国公立大学、岡山大安寺中等教育学校・岡大附属中学、第一志望校合格を奪取する少人数制個別指導の大安寺れいめい塾です。

 

 

 

 古文に関し「助動詞や助詞を覚えているのに文章が読めない」という声がよく生徒から上がります。省略されている主語を何とかして補おうとする姿は涙ぐましいとしか言いようがありません。確かに、文章を読み進めるにあたり、古文特有の主語や目的語、係助詞に伴う省略表現などを理解することは重要です。しかしその前に、表れていない表現よりも、表れている表現、こと<接続助詞>と<敬語>への理解と運用が重要です。

 これから『岡山大学合格への国語』「古文編」「漢文編」「現代文編」と題し、読解にあたってのポイントもご紹介していきたいと思います。

また、「国語を点数源にしたい」と考えている生徒諸君は是非お問い合わせ下さい!!

 

 

 

< 古文・漢文講義概要 >

 

 高校での授業内容に準拠し、学校で用いるワークなどを素材として、センター試験で求められる知識を身に付けさせます。こと三年生・既卒生にとっては助動詞・助詞・句形といった基礎知識の早期習得の如何が、センター試験での高得点と連動します。このことは翻って、基礎知識の丸暗記、例えば、助動詞の活用だけを覚えても、それは活用表そのものが諳んじられるようになるだけであって、決して本文での運用ができるようになるのではありません。いかに本文のなかで知識を再現し運用できるかが鍵となります。そこで、講義ではその都度素材文からセンター試験・国公立二次試験で頻出して問われる内容を含む文を抜き出し、これを逐語訳していくなかで文法事項を理解させます。その上で、本文を精読することで文と文の関係もしっかりと捕えさせます。もちろん文法や単語の知識なしに文は読めません。しかしその点は自習を促す確認プリントや講義毎に行う確認テストを用いるなどして、学習の「すきま」時間に無理なく覚えられるようにさせていきます。

 古文・漢文は<正しい>学習により確実に点数が上がります。お任せてください!。

 

 

 

これが大安寺れいめい塾高校部のイメージです。

 

 

 

大安寺れいめい塾のホームページ
http://daianji-reimei.strikingly.com/

   ⇒チラシのダウンロード(表)
   ⇒チラシのダウンロード(裏)

 

 

 


山陽新聞と朝日新聞に折り込みチラシを入れました

古文・漢文・現代文 記述対策 小論文はお任せください。岡山大学・国公立大学、岡山大安寺中等教育学校・岡大附属中学、第一志望校合格を奪取する少人数制個別指導の大安寺れいめい塾です。

 

大安寺れいめい塾のホームページ
http://daianji-reimei.strikingly.com/

チラシのダウンロード(表)
 ⇒チラシのダウンロード(裏)

 

 18日と25日(土曜日)に、山陽新聞と朝日新聞に大安寺れいめい塾の折り込みチラシを入れました。このチラシを介して「新しい生徒との出会いがあれば」と淡い期待もありますが、これを打ち砕くように諸先輩方からは「そうはいかんよ」と異口同音にご教示頂きました。たしかに、何の反応も今のところありません(笑)。けれどもこうした淡い期待とは別に、実はこのチラシは「この大安寺の地で塾をやっていきます」という三門学区・西小学区、こと大野学区の皆さんへの私の覚悟の証です。とにかく大野学区を盛りたてていく。塾としているこの民家も、大家さんより「大野学区の子供たちの学びを盛り上げていって欲しい」という願いから、特別にお貸し頂いている建屋です。私にマネージメント力があるのか、諸々試されることばかりです。

 

 ところで、私が兄事する私塾の原点と謳われる塾を作り上げた中山先生は、「俺は一人一人の生徒への愛情と憎しみだけは誰にも負けへんで」と、独特な言いまわしで子供への溢れんばかりの人間臭い愛の必要を解かれます。ごもっとも、私に清濁のみ合わせる度量がどれ程あるか分かりませんが、及ばずながら角を矯めて牛を殺さないよう、子供たちに時間と手間を惜しまずじっくりと向かい合います。そして、私の信条である<そのさきへ>もしっかりと注ぎ込み、一人でも多くの生徒に<目的>をもたせて、大学へ有能な人材を送ります。

 

 

 また、<岡山大学に進学したい、国公立・難関私大に行きたい>、こんな想いが滾る受験生は当塾の門を是非叩いて下さい。現状の成績など関係ありません。現に今年も定時制高校から同志社大学へ進学した生徒がれいめい塾にいます。大切なことは進学したいという確固とした<自覚>と<覚悟>です。ここさえ、ここさえ、ぶれなければ、ここから必ず愚直な努力が生まれます。しかしあとワンピース。それは生徒を見極め効率的で正しい学習が指導でき、生徒に<明日>を見続けさせられる伴走者の存在です。勘違いも思いこみも全部ひっくるめて、今年も私は<とことん>走ります。

 

 

 

大安寺れいめい塾の外観です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


本日より生徒を公募いたします!

古文・漢文・現代文 記述対策 小論文はお任せください。岡山大学・国公立大学、岡山大安寺中等教育学校・岡大附属中学、第一志望校合格を奪取する少人数制個別指導の大安寺れいめい塾です。

 

大安寺れいめい塾のホームページ
http://daianji-reimei.strikingly.com/

チラシのダウンロード(表)
 ⇒チラシのダウンロード(裏)

 

 

  ブログにアクセス頂き誠に有難うございます。本日より生徒を公募いたします。これまで、看板も上げず、ご紹介頂いたお子さまにのみ受験対策の指導を行ってまいりました。場所は大安寺南町公会堂前の古い民家です。ご近所の方でここに初めて来られる方は、民家自体が古いため、そこから受けるイメージから、口を揃えて「うす気味悪い(笑)」という印象をお持ちだったようです。もっとも、私が家周りの除草をしっかりとしていなかったことにも原因があるのですが。しかし、門をくぐって、教室の体をなしていることに驚かれます(笑)。


 

  私は予備校へ出講していることから、これまで高校三年生と既卒生のお子さまをお預かりしてまいりました。一昨年前より思うところがあり、小学生にこの幅を増やし指導をしています。この理由は追々とさせて頂きますが、一言でいえば、やはり小学校での「学び」の大切さを予備校や大学の教壇に立って痛感させられたことに起因します。そしてこの指導が片輪だとすれば、もう片輪、この教科学習が<手段>となる「未来に向う動機付け=目的」、言うなれば、お子さまの<意志>が芽生える感動の機会も、同様に必要だと痛感しました。そこで、大それたことはもちろん出来ないのですが、保護者の皆さまとお子さまが共に学べる機会と、また気の置けない友人の力を借りて、子供たちが<ほんもの>に触れる機会を作っています。本来はこちらこそが子供たちのやる気を引きださせるのかもしれません。子供たちの<その先へ>を信条に、今年も活動を行っていきたいと思います。



   また、改めるまでもありませんが、<どうしても行きたい・学びたいことがある>、生徒のこうした大学への熱い想いに応えるべく、第一志望校合格のために今年も<とことん>伴走します。<とことん>、これこそが受験生を預かるものの要です。この意味もようやっと胃の腑に落ちるようになりました。この経緯も追々と。なお、私は文系で国語を中心に指導致しますが、理系科目についても予備校の先生や大学の講師の先生、そしてその地域で名を馳せておられる先生方にご協力を願いご指導を賜ります。

 

 

    さて、妻からはブログは考え過ぎずに書くものよ、と釘を刺されたものの、しかしそうもいきません。かといって推敲してよくなるものでもなく、はてさて困りました。おまけに、友人が私を慮ってブログを開設してくれたのが一年半前。更新もままならない私が、日々をつづれるかどうかいささか不安ですが、今日から筆を執ります。

 


 本日より、大安寺れいめい塾を、何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

2017年の春を勝ち取ったお嬢さまたちです。

 

 

 

 

大安寺れいめい塾のホームページ
http://daianji-reimei.strikingly.com/

チラシのダウンロード(表)
 ⇒チラシのダウンロード(裏)

 


大安寺れいめい塾のブログを始めました。

これからこつこつと更新していきます。是非ブックマークにご登録下さい。
Facebookページの作成も予定しています。


大安寺れいめい塾のホームページ




カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

ブログ内検索

その他

QRコード

qrcode