岡山市北区大安寺での少人数制個別指導。動機付けをしっかり行うために、「深い学び」「主体的な学び」「対話的な学び」を実践できる少人数制にこだわっています。

大安寺れいめい塾ブログ

大安寺れいめい塾ブログ - 岡山市北区大安寺での受験進学塾 少人数制個別指導
岡山市北区大安寺での受験進学塾 少人数制個別指導。動機付けをしっかり行うために「深い学び」「主体的な学び」「対話的な学び」を実践できる少人数制にこだわっています。

大安寺れいめい塾ブログ

保護者の皆さま、今年も本当に有難うございました

 

           今年も本当に有難うございました。



  保護者の皆さま、ならびに関係者各位に心より感謝申し上げます。

 

  こんな小さな塾とはいえ、毎年、他塾との競争に晒されています。勝ち残らねば存続はできません。私一人の力ならば、間違いなく、とうの昔に看板を下ろしています。しかし、こうして今年も皆さまにご挨拶ができる。これも一重に、皆さまのお力添えとご理解の賜物だと感謝しております。

 

  今年は、保護者の皆さまのご尽力を以って、また一つ夢が叶いました。それは塾童を開くことでした。

 

何とかして子供たちに学ぶ習慣を身に付けさせたい、いつでも勉強できる環境を整えてやりたい

 

  皆さまには、子供たちへのこうした想いにお応え頂きました。三上さんは、その持ち前のお人柄で、今では、十人以上の生徒が学ぶ会に塾童を育てて下さいました。さらに、これまでに培ってこられたご指導力を以って、吉井さんは、授業をご担当下さいました。もとより、保護者の皆さまが、塾童に対してご理解をお示し下さいました。諸事、本当に感謝しております。


また、


数学を真に好きになってもらえる機会になるならば


と、数学塾で名を馳せ、さらに予備校きっての人気講師でもある徳田先生が当塾にご参加下さいました。英語の名取先生に加え感謝するばかりです。

 

  

     当塾は昭和の大きな家族を目指しています。

 

              子供たちが子供たちを教える塾

 

  中山先生の掲げたこの理想を目指して、また、中山先生に「うちの方がええでしょ」と、一言自慢したくてここを開いたのかもしれません。かくいう私も中山先生の薫陶を受けた一人です。

 

  後輩が先輩の背中を追って大学へ進学する。先輩はそれまでに培った学力と熱い想いを後輩たちに伝えていく。そしてこの場所は、自分が気弱になった時に、またくじけそうになった時に

 

   全てをかけて頑張れた自分自身に出逢える場所


  これまでに、大輔、秀隆、桃子、妃呂、そして雄生が、その想いを伝えるべく指導に当たってくれています。また、ここ大安寺れいめい塾の理想に賛同をし、拓也と菜々子が駆けつけてくれました。


  

  全ての塾生が彼らの背中を追って欲しい 。夢を形にしようとする先輩を目指して欲しい。いつの日か、先輩たちと東京、大阪、京都、あるいは岡山で一杯やりながら、ここでの悲喜交々に、口元を緩めて欲しい。そして、何より、自分が今こうしてある、これまでの

           <お母さん お父さん そしてご家族>

  の支えに感謝して欲しい。

  当塾はその意味でも昭和の大家族でありたい。

  

          

                 夢はドンドン膨らみます。

 

 

           今年も本当に有難うございました。

  

 

明ける年が皆さまにとり幸多き一年でありますようご祈念申し上げます。





これで同じ合格数 岡理附属中学 SR 合格!

  

 周大、柚倖に続き

                   

                         中高一貫合格!!


 偏差値上は60超え。ただし、数字と同じ力がついているかはまだまだ覚束ないところ・・・。しかし、その付近であることは間違いない。残すところ後二週間とちょっと。


  柚倖、周大共に仲良く二校づつ合格して、本命を狙うに視界は万全!!








塾童 12月29日 13時30分〜

吉井講師よりご連絡です。


塾童あります‼
時間→13:30-15:30
宿題を持って来て下さいね。








決して負けられないもう一つの勝負!


  来年3月の県立高校入試には格別な思いがあります。それは、大学へ目標をもって進学して欲しいとの思いから、それまでの乾坤一擲の勝負に加え、学問の面白さに触れさせながら学力を伸長させようとして迎え入れた、初めての中学生の入試となるからです。彼らとも早いもので2年以上の付き合いになりました。しかし、現実は中間期末の点数を躍起になって上げる毎日。教えた尻から雨漏りが始まり、少しでも放っておけばそれはもう目も当てられない。大輔から始まり雄生に拓也と、岡山大学の俊英が今もって彼らに張り付き伴走してくれています。ただし、講師らは決まって「あいつらはったく、でもまぁ・・・」と口元を緩ませます。彼らにとっても私にとっても一番に憎めん奴らです。三年後、彼らが大学生、社会人となり、小学生に指導してくれるその日をこの目で見るまでは、この吹けば飛ぶような塾を私は存続させたい。見てみたい、成長した彼らの姿を、心底そう思います。そして、一緒に酒を酌み交わし今日のことを振り返ってみたい。


  そんな私を嬉々とさせてくれる生徒の一人が

                          

                           悠吾


です。私がここに昭和な大家族を目指したならば、彼こそが、成長した中学生、小学生の面々の一番の相談相手となる長兄。時間には正確で、任せたことは決して忘れることはない。余計な口もきかず、皆への気配りも忘れない。塾の玄関で目に飛び込んでくる<挨拶をすること>と、塾則なるものを作り認めてくれたその人です。こう書くと確かに、雄生曰く、私に足りない全てを持っている。笑ってしまいますが、認めざるを得ない。どちらが大人か分かりませんが、本当に頼りになる優しい奴です。そんな悠吾が約束の地として選んだのが、


             岡山県立岡山東商業高等学校


中学生には<何かができる>期待値抜群の高校です。ご存知の通り、人気も高い。そんな悠吾に肩入れしたくなるのも、やはり、あくまでも父の背中を追う健気な一人の男の姿を、私はそこに見るからです。私は彼を男にしてやりたい。また、そんな手助けができることを誇りに思う。


悠吾、東商を絶対に取りに行くぞ!!


そして、私に代わっての柚倖と周大への祝辞、ここに礼を言うよ。本当に有難う。


よっしゃ!!ますば 就実中学校 ハイグレード アドバンス 合格!!


よっしゃ!!


いつ発表すれば良いかその機会を伺っていましたが、

本日、やっと皆さんにご報告できます!!


柚倖、待たせて悪かったな・・・それに、状況があったとは言え、合格の吉報に大人な判断から雀躍を押し隠した。ほんまにすまんかった。本命でないしにしろ、初めての合格!どれほど喜びを表したかったことか・・・それをいつものはにかみにそっと隠してしまった君の優しさに大の大人が甘えてしまった。いつものように、いつも通りに、あっそっか、とペンを動かす静謐。その裏にあるお母さんとの奮励、私たちが知らない筈がない。何よりも、その抜きん出た数学的才能に決してあぐらをかくことなく、努力を積み重ねていく不動の姿。その姿に平や大輔の姿が重なったよ。君は間違いなく本物だ!そして、君の流してきた悔し涙の数々を雄生も拓也も忘れたことはない。それは君に同じく彼らもまた同じ涙を流したことがあるから・・・。


柚倖、よかったな、 大したもんだ!


就実中学 ハイグレード 合格!!


さらに


 岡山理科大学附属中 SR合格!!


本当におめでとう!!


そしてもう一人・・・


周大、今日の報告には久し振りに手が震えたぞ。それに、忘れてた、いや決して忘れてはならない気持ちを改めて呼び起こしてもらったよ。私は合格させてなんぼなんや。だから、ここに雄生や桃子や佳実や知加、それに秀隆らが集ってくれる。彼ら自身で奪取したバトンを君らに渡すために。ここをブラせたら、ここはここで無くなる。それは大学受験でも院試でも、そして中学受験でも全く同じ。ここでは、引けない、負けられない、前に出るしかない、勝ち取るしかない、奪い取るしかない闘いの場。このところ高邁な理想ばかりが先んじてしまって、このヒリヒリ感、わけもなく込み上がり目頭を熱くする、この滾る思いを鈍らせてた。もう、私は大学に所属してるわけじゃない。出藍が故に理想を見てた。私が甘えてた。


周大、よく引き寄せた!!君のその勝負強さ、その負けん気、何よりここ一発の集中力。そして時にあの柚倖すら追い込んでしまう国語力、この力は間違いない。この言語力を培ってこられたこれまでの丹精の勝利。


そして柚倖におめでとうと声をかけられずに肩を落とした君の後ろ姿をよもや忘れはしない。


周大、やったな!


就実中学 アドバンス 合格!!


2年続けて苦杯を舐めさせられたアドバンス。これで柚倖と合わせて、就実中に借りは返したぞ。


しかし、この合格は君たちの先輩達が勝ち取った大学合格への序の口。


ここでやっていることに間違いは無い。どこに出ても引けはとらない。それは今日までの君らの合格が証明したはず。


いくぞ、攻めるぞ、柚倖、周大 先輩らに続くぞ!


東京大学、早稲田大学、慶應義塾大学、産業医科大学、

岡山大学、同志社大学、立命館大学、関西大学・・・


まずは薫に続く!!


決戦は 1月12日


奪い取るは  大安寺中等教育学校!!






私を信じ大切なご子息をお預け頂いた保護者の皆さまの英断に心よりお礼申し上げます。


就実中学合格 !!本当に おめでとうございます。


中入試は保護者の入試。

この勝利はお母さまとお父さまの勝利です!!







大安寺れいめい塾のホームページ




カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

ブログ内検索

その他

QRコード

qrcode