岡山市北区大安寺での少人数制個別指導。動機付けをしっかり行うために、「深い学び」「主体的な学び」「対話的な学び」を実践できる少人数制にこだわっています。

大安寺れいめい塾ブログ

大安寺れいめい塾ブログ - 岡山市北区大安寺での受験進学塾 少人数制個別指導
岡山市北区大安寺での受験進学塾 少人数制個別指導。動機付けをしっかり行うために「深い学び」「主体的な学び」「対話的な学び」を実践できる少人数制にこだわっています。

大安寺れいめい塾ブログ

合格!! 岡山大学大学院 教育学研究科!!

 

  今年初の吉報!岡山大学大学院教育学研究科 合格!!

当然の結果とは言え、されどつくづく嬉しい合格です。


                  桃子、本当におめでとう!!


  というのも、私がこうして塾や予備校の業界に今以て身を置いていられるのも、一つに、彼女との邂逅があったからに他なりません。研究職につきたい、臆面もなくそう彼女の口から溢れたのが5年前。当時、彼女は表現を巡る東京都の条例に憤っていました。でしたので、フーコーやアドルノといった麻疹にかかるには丁度いい社会学者や哲学者の基本的な考え方を説きながら彼女の好奇心を刺激すると、たちまち、受験勉強の合間をみては、私の専門書をめくるようになりました。そして、そもそも「表現」とは、「権力」とは、「私」とは、と自身の足元を批判する哲学的な問いを何度も私に投げかけてきた姿を、今も昨日のことのように思い出します。その姿は若かりし日の私そのもの。議論はただただ純粋で真っ直ぐで単純なものでしたが、その姿は眩しいばかりでした。そんな彼女に志半ばで研究職を引かざるをえなかった当時の私の姿を重ねてはほくそ笑んでいましたが、何より、彼女のような生徒に出逢える喜びは、何物にも代え難いものでした。言い換えれば、私との出会いによって、生徒が<学ぶ>喜びに触れて<知>から開かれる未来に期待する。つまり、私にしかないバトンを生徒に渡してやれる。この経験は、中山先生の仰る通り「この生業も悪くない」と確信させてくれるものでした。


  ところで、院試の面接官は8人。その中の一人が桃子に神妙な面持ちでこう問うたそうです。

         

           「教育の可能性は何だと考えますか」


  彼女は、迷うことなく、ここ大安寺れいめい塾での中山先生や直紀、そして私との出会いから始まった何かについて切々と説いたそうです。 












    桃子、この合格は桃子の<形>を貫いての合格。

    桃子の完勝です、ほんまに大したものです。


新規生募集 2018年 春 !! ちょっとした自慢

            新中学1年生(現6年生)4名 募集


            新小学4年生 (現3年生)4名 募集


      新小学5年生(現4年生) お問い合わせ下さい


            新小学6年生 (現5年生)2名 募集


  あれから一年・・・今年も春の新規生募集の折り込み広告を、山陽新聞・朝日新聞・読売新聞・産経新聞に入れることができました。これからの一ヶ月間、大野小学校周りだけですが、週に一度、新聞やタウン誌に折り込み広告が入ります。お目汚し頂ければ幸いです。こうしてできるのも、一重に、当塾にご理解とご支援を頂いてる皆さま、こと保護者の皆さまのお陰だと感謝しています。誠に有難うございます。


  また、気の置けない唯一無二の親友である空ちゃんこと


      現代芸術作家 及川空観 (おいかわ くうかん)

       

       http://kukan246.blog99.fc2.com/?pc


の存在無くしても当塾はありません。私の支えであるばかりか、フライアー、のぼり、看板のデザイン、さらに鑑賞教育の講師と本当に尽力してくれています。申し訳なくも、空ちゃんの創り出すものに替わるものはなく、本当に有難い限りです。この四半世紀来、強く雄々しくをド勘違いしていたあの頃からずっと、私の思いをいつも形にしてくれている私の懐刀にして最終兵器です。この空ちゃんまで投入してのこの生業、


          知へのドキドキワクワクに目覚めさせ

                 一人でも多くの子供たちに

         <目的>を持たせ大学へ進学させる!!


当塾のこの志を実現せねば、多忙のなか骨折りをしてくれている空ちゃんにも顔向けが出来ません。単なる教科指導ならば、この北区だけでも数え切れないほどの進学塾や個別指導塾があります。しかし、私は十人並みでも、及川空観の現代根付、現代の名工の作品を以って鑑賞教育の場を提供できるのは、北区と言わず、この日本広しといえど当塾だけです。本物への<感動>だけが、子供たちの動機を作ります。また、中山康二先生率いる近頃では政治団体なのか、はたまたもうコルリオーネのようなファミリーなのか、いずれにしても常識では測れない規格外の驚異の塾、れいめい塾のマインドを持ち合わせているのも当塾だけです。


  是非、当塾から目的を持ち大学へ進学した講師たちと共に、日々繰り広げられる体当たりな子供たちへの指導を肌で感じて頂き、


                  お子さまの夢へ向かって


         共に学べる日を心待ちにしています!!


また、塾を探されているかたにお声がけ頂ければ幸いです。



 直紀の象牙の塔にて




  Kukan



大安寺中等教育学校受験に向けて 春期講習 2018

          新中学1年生(現6年生)4名 募集


         新小学4年生 (現3年生)4名 募集

 

    新小学5年生(現4年生) お問い合わせ下さい

 

         新小学6年生 (現5年生)2名 募集


   


   受験準備クラスでは新小学6年生(現5年生)を2名程度募集します。


  大手塾で悔しい思いをしたお子さまを、是非、お預かりしたいと考えています。受験は勝たねばなりません。しかし、それより何より当塾で大切にしていることは、お子さまがどの季節に花をさかせる蕾かをきちんと見極め指導することです。時期を誤っては咲くものも咲きません。また、早咲きさせては枯れこそすれ、大輪は咲きません。


  当塾では、私が大学で研究をしていたこともあり、真の勝負は、あくまでも大学へ進学するその時にあると考えています。ですので、小学生にも大学受験、大学進学後をどこまでも見据えた<考えさせる>授業を心掛けています。ただし、かく言う私も中学入試を経験し、自身の進学経験からも国公立私立中学進学に意義を認めています。しかし、そうした経験からではなく、お子さまのその大安寺中、岡附へ進学したいと言う<強い>思い、あるいは、お子さまの将来を見越しこの時期の学習こそが要とする保護者の<正しい>判断に共感し、こうした思いをしっかりと受け止め、私にできる最大限のことをしたいと考えています。


  さて、どの大手進学塾をとっても、中学入試のカリキュラムはよく練られています。これは私が大学入試を熟知しているのと同じです。したがって、そうしたカリキュラムにお子さまがもし馴染めなかったとすれば、この先、カリキュラムに乗っ取るようなスマートな中学入試は難しいと言わねばなりません。しかし、大手塾のカリキュラムに添える優秀な生徒のための優秀な生徒の戦い方があるように、それならば、穏やかな輝きには穏やかな輝き方、つまり、各々の生徒の特性に合ったカリキュラムと勉強法が必ずあります。私はここを見極め、お子さまの穏やかさを変えるのではなく、より輝きを増す指導を、大学受験で培った分析力と指導力、そしてネットワークを駆使して見つけだします。そして、講師一丸となって第一志望合格へ導きたいと思います。ここでは、保護者との密な連携と我々の覚悟がトコトン試されます。


春期講習2018年 少人数制個別指導って?


  生徒4名(程度)のためだけに!!

 

  少人数にこだわっています!!

 

  当塾のスタイルは少人数制個別指導です。これは一般的な個別指導とは異なります。一般的な個別指導では、講師が異なった内容を学習する数名の生徒に対して、交互に質問対応(解説)を行なっています。このスタイルは指導時間を受講人数で割ったマンツーマン授業とも言えなくもないですが、厳密に言えば、マンツーマン授業ならば、講師は1人の生徒に対してのみ集中して指導できますが、数名同時指導の場合は、各生徒の理解の深さにより均等均質に指導するのは難しいと言わねばなりません。また、講師が他の生徒を指導している間は、とりわけ勉強の苦手な生徒にとっては、自身で理解を進めるこのできないひまな時間ができてしまいます。つまり、個別指導は講師と生徒双方にとり、思いの外集中できない環境がそこにあります。


  そこで、個別指導の難点を克服するスタイルとして、当塾で行なっているのが少人数制個別指導です。個別指導が、生徒の分からないところの質問対応に指導の軸を置くのに対し、少人数制個別指導では、あくまでもそのクラス毎の<授業>に軸を置いています。授業スタイルの良い点は、いうまでもなく参加者全員が理解目標を共有していることです。ただし、大手塾に明らかなように、講師1人に対して生徒N人(大人数)の授業スタイルでは、分からない生徒は置いていかれ、また、理解が早い生徒は時間を余してしまうという難点が出ます。つまり、各々の生徒の理解に添うことができません。また、授業時間と授業回数が決まっているために、内容を話し切る一方向授業となってしまいます。


  しかも、何より残念なことは、生徒に宿題の答えを発言させても、授業の最大の利点である、理解目標の共有から始まる講師と生徒、生徒と生徒といった<対話>を、限られた時間の中では全くあるいは十分に行えていないことです。<対話>、つまり、理解目標の共有の下、各生徒の理解を深めさせる講師からの発問と生徒の応答。この応答に対する他の生徒からの肯定や疑問。さらに、それに対する生徒からの再反論。そして、講師による解説。こうした<対話>のなかで育まれる<表現力>や<論理力>、また発言者全員で答えを見つけだそうとする<協働性>といった主体的でかつ深い学びができていません。ただ、こうしたスタイルが生徒にとり必要なことは、指導する誰しもが了解しています。しかし、このスタイルでの指導はそう簡単には出来ません。利益を追求するために企業=大手塾がある以上、受講者は1人でも多い方がよく、大人数となるのはしかるべきです。また一方で、人数を押さえ込めば、当然、授業料は高くなってしまい、これでは限られた生徒しか参加することができません。


  そこで、当塾では、こうした矛盾する難しい条件を克服して、授業料を抑えた上で、少人数に対し授業を行いかつ個別指導をも実現する指導を行っています。難題を克服できた鍵は企業秘密ということで、是非、当塾へ足をお運びください。ヒントは「昭和の大きな家族」です。


       大安寺れいめい塾、ズバリ、

         

       生徒は1チーム4名(程度)!!


  この4名(程度)の生徒のためだけに、対話から始まる主体的でかつ深い学びに繋がる授業を、講師一丸となって日々行っています。



勝たねばならない、大学入試に市議会選に

「夢は自らが第一歩を踏み出さなければ始まらない」

今更ながらの文言ですが、改めて、昨晩、心を揺さぶられ熱いものがこみ上げました。

 

  当塾では、受験生は入試が本格化する前日に壁に今の決意を記し、後輩に後ろ姿を残す慣例があります。もちろん、れいめい塾に倣ってのことです。これを賢兄、中山先生は「魂の咆哮」と呼ばれます。

 

 昨晩は、ヒロユキがこの壁の前に立ちました。平生は、単に壁の落書き程度にしか感じなかった先輩たちの足跡が、この時期だけ、入試の時にだけ、全く違ったものとなって受験生に立ちはだかり、彼らの心を突き刺します。先輩たちの不安、戸惑い、諦め、そして期待・・・。ただ身を震わせることしかできず、しかし、凛とした先輩たちと真に受験生となった者だけが、心通わせる瞬間。この心の足跡は、これまでの自分を顧みさせ、先輩たちの努力とその重ねて来た時間と思いの丈とを知らしめます。そして決まって、壁に向かいペンを持ったまま立ち竦みます。書くことを促してもそこにあるのは沈黙。鼓動が聞こえてきそうなくらい周りは静まりかえり空気が張り詰め、そしてゆっくりとペンが動いた先にあったのは次の文言。



 

 

 昨晩ほど、私はヒロユキがここを選んでくれたことを、心から感謝したことはありません。偽りのないあらわになった<一人>の受験生の実質。ヒロユキ、君は紛れもなく私たちの一員です。魂の咆哮、つまり、君の<覚悟>を私は今一度受け取りました。私の握った右拳に偽りはありません。後は、私の仕事です。そしてここを巣立った塾生諸君、どうかヒロユキに力を貸してやってください。つまるところ、そう見られて来た自分をヒロユキ自身が越えていく闘い。どうかどうかお願いします。

 

  また、三重県津市では何の組織票もなく、ただ中山先生を頭に据え、塾生同士の<絆>だけを頼りに

<津市を変えたい、未来ある津市を築きたい>

この一意専心の想いだけで市会議員選挙を戦っている青年がいます。龍神けいすけ、津市の出る杭になり、若い世代のために人生を捧げようとする若者です。


               http://keisukeryujin.com/

 

  偽りのない純円な思いだけが自分自身を変え、そして人の心を動かす。いや、動かさねばはらはいし動かして欲しい。青臭いと一笑されるこんな若者たちの想いを実現するために、私たちは塾を生業としている。そうでなければ、単なる教科指導だけならば、コスパの良い一方通行の大手塾に全てを任せてしまえばいい。


  大人たちの思惑と利益を払いのけ、この想いがまだ来ぬ未来を創り上げていくことを、何かを忘れ、あるいは、気付くことにすら鈍くなった大人たちに、この若者たちが思い起こさせてくれはずです。あの頃の熱い思いと夢を。

 

どうかどうかこの二人に熱いエールを送ってください。よろしくお願いします。



大安寺れいめい塾のホームページ




カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最新の記事

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

ブログ内検索

その他

QRコード

qrcode